« 我が代表堂々退場す | トップページ | 当然ハシゴを外されるわけで »

2016年10月19日 (水)

理知の基礎体力を鍛えよう

 最近の内閣(最初からだが)、ヌッポンの現状は正に「体たらく」という言葉がぴったりの惨状だが、世の衰退を嘆いてばかりでは済まない。
 「こんな世の中だから」と怠惰を正当化することは非常に良くない。実は社会が腐敗しているときこそ、「真に実力のある人」は自らの更なるスキルアップを図るのである。これからますます「足の引っ張り合い」で、およそ理知と全く縁のない戯言が職場、学校、組織や大小のコミュニティに溢れかえるだろうが、単なる自己啓発本(ヌッポンのサラリーマンが大好きだが)ではなく、自らが身を置く世界での基礎学習、研究を重ね、スペシャリストとして「飯を食う」意識を身に付けなければならない。
 ヌッポンの組織はとかく「夢」だの「ビジョン」だの「目標」だのに走りがちだが、後になって大概は壮大な無駄だったという結論に至る。足元の基礎を固め、周囲、組織に頼らない、翻弄されない自我の形成に邁進しよう。

« 我が代表堂々退場す | トップページ | 当然ハシゴを外されるわけで »